グローブの使用について

医療機関で処置を受ける時,治療を行うものはグローブを使用するのが一般的です.当院でも歯科医師,衛生士,技工士,助手 すべの治療や作業を行う場面に於いてグローブを着用しています.

歯科におけるグローブの使用方法

美幌かみあわせ歯科クリニックのグローブ

このグローブは,ラテックスグローブといいまして,通常使用されているものです.薄く破れやすいのですが1度しか使用しませんので,使い捨てが前提のグローブです.

 

患者様から患者様へのさまざま感染が起こらないようすることを目的にしています.また医療従事者への感染を防ぐ事も目的にしています.

 

 

美幌かみあわせ歯科クリニックでは,毎回グローブを交換しています.

クリニックのグローブのストック

いろいろサイズがありますし,なかにはニトリルグローブといってラテックスアレルギーのある場合に使用するグローブもあります.

今後,ラテックスアレルギーの方が多くなれば全てニトリルグローブを使用することになると思われますが,今はラテックスグローブ中心に使用しています.

 

 

廃棄処分になりグローブ

グローブの廃棄

勿論ですが,当クリニックではグローブは患者様ごとに使用していまして,使用後はこのように医療廃棄物としてゴミ箱へ捨てます.も一度あらって乾かして消毒して使用する,,,,ということはありません.

 

グローブは医療用廃棄物

医療廃棄物を1カ所に集めます.

 

たまったグローブは,他の医療廃棄物と一緒に専門処理業者に委託して廃棄処分しています.

クリニックでは治療のために必要な準備のひとつとして滅菌対策,感染対策という考え方があります.

 

これから先もずっと地域の皆様が,より安全に治療を受けられる体制を作ります.

 

滅菌、消毒の管理

mekkinn1

歯科治療を行うために準備としてそれぞれの器具類をしっかり、消毒と滅菌をおこなう必要があります。

 

当院では、基本的にディスポ(使い捨て)にできるものは使用後に破棄をしています。消毒して再利用するべき医療機器類を消毒し、再利用が前提になり器具類は滅菌処理を行っています。

上の写真の装置は、オートクレーブ滅菌装置ですが常時使用しております。

mekkinn2

滅菌が必要なものはこのようにパッキングをして必要なものをまとめています。

診療に使用する基本セットは患者様ごとにあらかじめ用意して滅菌作業を完了し保管すると、より確実でわかりやすくなります。

mekkinn3

パッキングには専用の用紙と装置を使用しています。これらの道具類や作業は医療機関として本当にごく当たり前のことですが、非常に重要な作業でもあります。

裏方での毎日の作業を間違いなくこなすこと、当たり前を当たり前に行うこと、この努力こそが診療の下支えとなってゆくと、私たちは考えて気を抜かず取り組んでおります。

 

 

CAD/CAMクラウン登場 平成26年4月保険診療になる

cadcam.crown

美幌かみあわせ歯科クリニックのかみあわせ治療に新登場した、CAD/CAMクラウンです。小臼歯部に適応となる保険治療の噛み合わせですが、これまではプラスティックと銀歯しかありませんしたが、このCAD/CAMクラウンによって耐久性と見た目のよさが改善されました。

このCAD/CAMクラウンは,ハイブリッドセラミックの1種で,セラミックの粉を樹脂に混ぜ合わせた材質です.

耐久性は4倍程度の向上ですので、絶対に割れない材料とは言い難いのですが、ご心配の場合にはジルコニアセラミックを選ばれることをお勧めしたいです。

特徴:見た目が良い、耐久性が改善された、保険治療なので費用が比較的安く済む。

窓口にてお支払いただく、費用のご負担は3割負担の場合ですと、1万8千円くらいとなります。作成には、高度なデジタル装置を用意している技工士との連携が必要で、当クリニックでは、旭川と札幌の技工士と提携をしています。

形をとって模型を作製し、2週間後に完成となりますが、いわゆるオーダーメイドの治療ですので微妙なカラーリング(色具合)は、保険外の治療には劣りますが、これまでのプラスティックの治療より進歩しています。

もちろん、ジルコニアセラミックの治療ではさらに耐久性と、審美性が向上して安心いただける歯科治療を行うことができます。ご心配のある方には、ジルコニアセラミックを用いた治療をお勧めしています。

美幌町や大空町など近隣にお住いの方々にもお届けできる、審美歯科治療です。美幌かみあわせ歯科クリニックでは、かめる喜びを皆様に味わってもらい、生涯をつうじて自分でかめることができること、口元の美しさを維持できるようにさまざまな治療方法を取り入れています。

特診室を用意しています

IMG_7554

お子さんの治療から、車いすの方まで 幅広く使用可能な特別な診療室。

ここにもモニターを設置して、レントゲン画像や口腔内カメラで検査結果を説明することが出来ます。よりよい治療、よりよいサービスのための治療環境を整えています。